コラム

キャンプにおすすめのコーヒー豆7選!持ち運べるコンパクトサイズが人気!

アウトドア用のコーヒー豆
たかひろ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アウトドア専用に作られた豆があることをご存じでしょうか?

コーヒーミルなどは各社から販売されているため持っている方は多いと思いますが、「アウトドア専用に作られた豆」がある事はあまり知られていないと思います。

今回はアウトドア専用に作られたコーヒー豆に絞っておすすめ商品を紹介します。

キャンプや登山などでコーヒー豆を挽く方はチェックしてください。

アウトドア専用だけあってどの商品も味や容量などにこだわりがありました。

naviさん
naviさん

アウトドア専用のコーヒー豆7選

キャンプや登山で飲むために開発されたコーヒー豆をピックアップして紹介します。

01.オソトコーヒー

6種類のテイスト

アウトドアシーンに合わせて作られた「オソトコーヒー」は、2022年に誕生した新しいコーヒーブランドです。

「オソトコーヒー」の特徴はアウトドアの体験時に合った味を研究してブレンドしている事です。

6種類のテイスト
  • ヒノネ(キャンプ、焚火)
  • スズノネ(ハイキング、登山)
  • ヤマノネ(クライミング、ボルダリング、MTB)
  • カゼノネ(サイクリング、ハイキング、渓流釣り、渓谷散策)
  • モリノネ(キャンプ、ブッシュクラフト、野営)
  • ホシノネ(天体観測、キャンプ)

キャンプの焚き火をしている時にオススメの「ヒノネ」は華やかな風味と苦みのバランスのいいテイストです。

ヒノネ

また、登山やハイキングの山頂で飲む為に開発された「ヤマノネ」はどっしりとした甘味とシナモンのような香りをベースとした複雑な芳香が特徴的です。

6種類全てアウトドアシーンに合わせたコーヒー豆を発売しているので簡単にコーヒー豆を選ぶ事が出来ます。

ヤマノネ

焚き火をする時に飲むコーヒー、キャンプ場の朝に飲むコーヒーなど細かく分類されているので好きなシーンを選んで購入しましょう。

naviさん
naviさん
あわせて読みたい
アウトドア専用コーヒー「オソトコーヒー」が発売
アウトドア専用コーヒー「オソトコーヒー」が発売

02.Zebrang(ゼブラン)

created by Rinker
¥1,620 (2024/03/01 19:52:24時点 楽天市場調べ-詳細)

Zebrang(ゼブラン)は珈琲器具メーカーハリオ商事のブランドで、コーヒーミルやマグカップ、ドリッパーまでアウトドアでコーヒーを飲むための道具を全て揃える事が出来ます。

Zebrang

デザインが黒で統一されているためカッコよく、アンバサダー坂口憲二氏が起用され話題のコーヒーブランドです。

Zebrang(ゼブラン)

コーヒー豆は1種類ですが、大自然の中でも際立つ香ばしさとキレのある苦みがあり、スッキリとした後味ながら長い余韻が続きます。

受注生産なので発送まで1週間~10日程かかりますがラッピングも可能なのでギフトにおすすめの商品です。

個人的にはかなり好きな味でした。

naviさん
naviさん

03.LOCATION COFFEE(ロケーションコーヒー)

LOCATION COFFEE

ロケーションに適したアウトドア専用のコーヒー豆を販売している「LOCATION COFFEE(ロケーションコーヒー)」は、景色・天候・焚き火の煙など環境ごとの外的要因を味のアクセントとして一緒に楽しめるように作られたコーヒーです。

5種類のテイスト
  • Shinrin(森林)
  • Umi(海)
  • Takibi(焚き火)
  • Sawa(沢)
  • Yozora(夜空)

「Takibi」は焚き火のスモークに負けない強い香りと味を出すために、ボディを感じる深煎りに仕上がっています。

Takibi

飲む場所にこだわって作られているためどこで飲むかを考えて豆を選ぶと美味しいコーヒーが味わえるはずです。

商品名にロケーションの名前が入っているので選びやすいのではないでしょうか。

Instagramなどオシャレな写真が多い「LOCATION COFFEE」

写真を見るだけでコーヒーを飲みたくなる投稿が多いので一度みてみて下さいね。

naviさん
naviさん

04.Camptime Coffee(キャンプタイムコーヒー)

Camptime Coffee

画像:Camptime Coffee

Camptime Coffee(キャンプタイムコーヒー)はクラウドファンディングからスタートしたコーヒーブランドです。

1番の特徴は飲みたい豆の容量に個包装されている事。

コンパクト

画像:Camptime Coffee

飲む分だけ持ち運べるように1杯分のコーヒー豆(15g)で包装されています。

持ち運びにも便利なので荷物を減らしたいソロキャンプにおすすめです。

別の容器に移し替えて持っていく手間がないので楽だと思います。

現在は一般販売がされているので誰でも購入する事が出来ますよ。

naviさん
naviさん

05.チャオッペ

チャオッペ

画像:チャオッペ

大阪にある自家焙煎コーヒー「チャオッペ 」からキャンプ向けコーヒー豆「焚火ブレンド(friend of fire)」が発売されています。

キャンプ系YouTuberの【パイティアオチャンネル】さんと協力してつくりあげた焚き火にあうコーヒーや、コーヒーミルがなくてもつくれる「トントンコーヒー」など個性的なコーヒー豆を販売しています。

ペグハンマーで叩いてつくるトントンコーヒーは気になりますね。

発想が素晴らしいです!

naviさん
naviさん

06.ブルーボトルコーヒー

画像:ブルーボトルコーヒー

サードウェーブコーヒーの代表格であるブルーボトルコーヒーから、アウトドア用に開発された「アウトドアブレンド」が発売されています。

深みとコクのあるキャラメルのような甘みを引き出し、華やかさを添えたバランスの良いブレンドです。 

ブルーボトルコーヒーからもアウトドア用の豆が発売されいるのは驚きです。

パッケージもおしゃれなので置いておくだけで華やかになりますね。

naviさん
naviさん

07.LOGOS CAFE 生豆パック

created by Rinker
¥600 (2024/03/01 19:52:24時点 楽天市場調べ-詳細)

LOGOSからは「生豆」を購入し自分で焙煎が出来る「LOGOS CAFE 生豆パック」が発売されています。

キャンプ中に焙煎からコーヒーを楽しむの事が出来る魅力的なアイテムです。

ロゴス焙煎豆

購入してキャンプで焙煎をしましたが、すごく楽しかったです。

ソロキャンプにおすすめですね。

naviさん
naviさん

ハピキャンのwebサイトに詳細を書いたので焙煎手順が気になる方は読んでください。

あわせて読みたい
コーヒー焙煎に「LOGOS CAFE 生豆パック」でチャレンジ!
コーヒー焙煎に「LOGOS CAFE 生豆パック」でチャレンジ!

以上がアウトドア専用コーヒー豆の紹介です。

誰でも簡単に飲めるドリップコーヒーもいいですが、ミルを使って豆を挽くと香りも素晴らしいのでキャンプでコーヒーを飲む方はぜひアウトドア専用の豆を味わってみて下さい。

 

コーヒーの情報をチェックしよう!

コーヒー特集記事

ABOUT ME
たかひろ
たかひろ
アウトドアライター
外遊びが大好きなアウトドアライター。 使って便利なキャンプギアや、キャンプ場のレビューなど”キャンプ”に特化した情報を発信しています。 ▶︎Yahoo!ニュース エキスパート公式ライター ▶︎ハピキャン公式ライター
記事URLをコピーしました