キャンプギア

【村の鍛冶屋】エリッゼステークアルティメットハンマーをレビュー

村の鍛冶屋ペグハンマーアルティメットハンマー

村の鍛冶屋の鍛造ペグハンマー「エリッゼステークアルティメットハンマー」を使って2年が経過したので実際に使って感じた良かった点・注意点を紹介します。

丈夫で使いやすいと口コミで評判だった「アルティメットハンマー」は本当に使いやすいのか?買う価値があるのか?を正直に紹介するので今後ペグハンマーの購入を検討している方は参考にしてみてください。

 

村の鍛冶屋アルティメットハンマーレビュー

村の鍛冶屋ペグハンマーアルティメットハンマー

村の鍛冶屋「エリッゼステークアルティメットハンマー」を購入してから2年間で約30回使いましたが使えば使うほど味がでて魅力が増していきます。

口コミ評価が高い商品なので期待して使いましたが期待を裏切らない素晴らしいペグハンマーでした。

良かった点が多いですが使って気づいた注意点もあるのでまとめて紹介したいと思います。

レビューしているペグハンマーは村の鍛冶屋「エリッゼステークアルティメットハンマー」の「カチオン黒塗装の真鍮ヘッド」です。

 

アルティメットハンマーとは
村の鍛冶屋ペグハンマーアルティメットハンマー

画像:村の鍛冶屋

新潟県三条市に本社がある「村の鍛冶屋(株式会社山谷産業のブランド名)」が提供しているペグハンマーでペグを確実に地面に固定する事が出来る究極のペグハンマーです。

素材の丸い鋼材を約1100℃になるまで真っ赤に熱し、約1トンという強力な力で一気に材料を潰した鍛造ハンマー。
ペグハンマー全体に焼入れを施しているので、硬くて曲がりにくい強靭なホディが完成しました。

村の鍛冶屋ホームページより

 

良かった事

はじめに「アルティメットハンマー」を使って良かった事を紹介します。

 

01.丈夫で壊れにくい

村の鍛冶屋ペグハンマー

2年間使って一番感じた事は丈夫で壊れにくい事です。

「アルティメットハンマー」を購入した決め手が「丈夫で長く使えそう」なペグハンマーだと思い購入しましたが使ってみると本当に丈夫なペグハンマーでした。

力を入れてペグを打ったり、ペグが抜けないときは雑に抜いたり、時には投げてしまう事もありましたが約30回利用した限りだと壊れる事なく新品の時と同様に利用できています。

 

唯一ヘッドの部分がどんどん凹んでいくので今後は交換のタイミングを測って使いますが不具合なく利用できている事が最大のメリットだと思います。

ヘッドの傷

他のペグハンマーと比較すると金額は高いですが長く使う事を考えると買って正解ではないでしょうか。

 

02.ペグが打ちやすく手の負担が少ない

ペグが打ちやすい

使ってみて分かった事ですが「アルティメットハンマー」はペグが打ちやすく使っていても手に負担が少ないです。

ヘッドは「真鍮ヘッド」を選んで利用していますが、ペグを打った衝撃が真鍮ヘッドに吸収されるのでペグを連続で打っても手が痛くなりません。(重みがあるので何度も打つと腕は疲れます)

編集長
編集長
硬いペグを打っているので打った衝撃が手に伝わると思っていましたが想像以上に衝撃が少なくてびっくりしました。

 

下の写真は一番最初にペグを打った時の画像です。

アルティメットハンマー打ちやすいヘッドが柔らかいのでペグを打つと傷がつきやすいですがその分衝撃を吸収してくれるので負担がかからず打ちやすいペグハンマーだと思います。

 

また、ヘッドに重みがあるのでペグに力が伝わりやすく1回打っただけでもペグが刺さっていくのが分かります。

ペグに力が伝わりやすいので打つ回数を減らすことができるのは「アルティメットハンマー」を利用するメリットだと思います。

 

「真鍮ヘッド」と「ステンレスヘッド」比較

「アルティメットハンマー」のヘッドは「真鍮ヘッド(金色)」と「ステンレスヘッド(銀色)」の2種類から選ぶ事ができます。(塗装も2種類から選べます)

アルティメットハンマーの種類

画像:村の鍛冶屋

少しの違いですが「真鍮ヘッド(金色)」と「ステンレスヘッド(銀色)」の違いをまとめます。

 

【真鍮ヘッド】

真鍮ヘッドは回数を重ねるごとにヘッドが変形していきます。

自分独自の味のあるハンマーになるので変化を楽しみたい方にオススメです。

 

  • 叩いた衝撃が少ない
  • ヘッドが傷つきやすい
  • 色が黒ずんでくる(酸化皮膜)
【ステンレスヘッド】

ステンレスヘッドはヘッドが傷つきにくく錆びにくいので長持ちします。

きれいに使いたい方にオススメです。

 

  • ヘッドが傷つきにくい
  • 錆びにくい
  • 叩いた感触は真鍮ヘッドより衝撃はある
編集長
編集長

どちらがいいか聞かれますがヘッドに関しては正直好みなので自分が使いたいと思ったヘッドを選びましょう。(料金は同じ金額です)

細かい違いだけで性能の差はほとんどないそうです。

 

03.ペグ抜きが簡単

 

「アルティメットハンマー」はペグが抜きやすいように「ツノ」や「」が空いています。

同じブランドのペグ(鍛造ペグ エリッゼステーク)を使いこなせるように開発して出来たハンマーなので「鍛造ペグ エリッゼステーク」を使っている方はペグ抜きはスムーズに出来る仕様になっています。

 

抜き方は簡単でツノの部分を穴に差し込み、90°以上回して上に引き上げれば簡単に抜くことができます。

ペグ抜き

画像:村の鍛冶屋

 

「鍛造ペグ エリッゼステーク」以外のペグでも硬めのペグであればツノを使って抜く事が出来るのは「アルティメットハンマー」の魅力の1つですね。

 

ペグハンマーの中には打つだけしか出来ない物もありますが、「アルティメットハンマー」はペグを打つだけでなく抜く事まで考えられているので「アルティメットハンマー」1つあればペグ周りは解決出来るはずです。

編集長
編集長

個人的にはペグを抜く時に「アルティメットハンマー」を重宝しています。

ペグ打ちは大きめの石でもあれば代用出来ますが抜くときはペグハンマーがないと土を掘る事になるのでスムーズにペグを抜けるのが助かります。

 

04.ヘッドの交換が可能

ヘッドの交換

画像:村の鍛冶屋

使っていくとヘッド部分が凹んでくるのでヘッドだけ購入して自分で交換する事が可能です。

ヘッド交換だけすればずっと使えるので一生もののペグハンマーになりますね。

ヘッドを買う時に「真鍮ヘッド」と「ステンレスヘッド」を選べるので最初に買ったヘッドと違うものを付ける事も可能です。

自分でカスタマイズ出来るのも「アルティメットハンマー」の魅力だと思います。

 

05.名入れができる

名入れが出来る

画像:村の鍛冶屋

自分の名前やロゴマークなど好きなデザインを名入れする事が出来るので自分だけのオリジナルペグハンマーを作る事が可能です。

日本語や英語、ロゴマークなど様々な名入れができます。

文字だと10文字前後、ロゴだと縦1.5㎝×横5㎝の幅で対応しています。

名入れする事により自分だけのオリジナルペグハンマーに出来るので愛着が湧きますよね。

編集長
編集長

名入れした「アルティメットハンマー」をプレゼントであげたら喜ばれること間違いなしです!

 

以上が「アルティメットハンマー」を買って良かったと思ったことです。

 

注意点

利用して気づいた注意点があるので紹介します。

 

01.重量が重い

「アルティメットハンマー」は鍛造鉄製のペグハンマーなので重量が重いです。

重量550gなので手で持つとずっしり重みを感じます。

ヘッドの重量が重いとペグを打ち込む力が強くなり打ち込む回数が減るメリットがありますが、テントやタープなど続けてペグを打っていると重くて手が疲れるので間隔をあけてペグ打ちを行いましょう。

編集長
編集長

「アルティメットハンマー」の重さはすごい重いわけではないのでデメリットにはなりません。

ただ何回もペグを打っていると疲れるので休み休み使うことをお勧めします。

 

アルミ製で軽いペグハンマーなどと比べると重さが全然違いますが、軽いペグハンマーだとペグが刺さりにくいので「アルティメットハンマー」のようにある程度重みがあるペグハンマーの方が使いやすいと思います。

 

02.ヘッド交換のタイミングが不明

ヘッドの傷

ヘッドを「真鍮ヘッド」で利用していると打ち込む度に変形して徐々に削られていきます。

ヘッドの交換だけは自分で簡単に出来るので形が変形してきたら交換をする予定ですが、何回打ったら交換するべきか不明なままです。

現在30回ほど利用していてまだ使えるので交換のタイミングは50回〜70回位使ったタイミングかなと予想しています。

使ってみて交換のタイミングが分かり次第情報を更新したいと思います。

 

03.高い

「アルティメットハンマー」の料金は¥5,720(税込)とペグハンマーの中では高い金額になります。(もっと高いものもあります)

1,000円代のペグハンマーも多く発売されている中で5,000円以上する「アルティメットハンマー」を買うべきか考えて購入しましょう。

「アルティメットハンマー」は商品としては素晴らしく毎年キャンプをやるキャンプ好きな方には本当にオススメです。

ただしテントの設営を頻繁にやらない方(年1回も設営しない人)にはコスパが悪い商品だと思います。

オススメですが自分の楽しみ方に合わせたペグハンマーを選びましょう。

 

以上が使って気づいた注意点です。

 

【結論】設営・撤収がスムーズになるペグハンマー

良かった点と注意点を紹介しましたが2年間使っている限りだとペグハンマーとしてかなり優秀な商品だと思います。

村の鍛冶屋「アルティメットハンマー」にはペグハンマーを利用するメリットが全て詰まっているのでこれからペグハンマーの購入を考えている方にはオススメ出来る商品です。

 

一番比較されるペグハンマーは「ペグハンマー PRO.C」です。

ペグとの相性もあるのでどちらがいいとは判断出来ませんがペグハンマーは「村の鍛冶屋アルティメットハンマー」と「スノーピークペグハンマー PRO.C」の2強だと思います。

「スノーピークペグハンマー PRO.C」はまだ使ったことがないので比較が出来ませんが、「アルティメットハンマー」は素晴らしいペグハンマーだと自信を持って紹介できるので、今後壊れにくいペグハンマーを探している方は「アルティメットハンマー」をぜひ使ってみてくださいね。