北部エリア

かわせみ河原|埼玉県寄居町

かわせみ河原レビュー

埼玉県寄居町にある「かわせみ河原」はデイキャンプ500円、宿泊1,000円と破格の安さで利用できるキャンプ場です。

川遊びを楽しむ「ファミリーキャンプ」や、静かに過ごしたい「ソロキャンプ」、仲間とワイワイBBQがしたい「グループキャンプ」など様々な人が利用している人気の河原です。

編集長
編集長

広い河原なのでキャンプ場と呼べるのか分かりませんが安く宿泊ができる場所として週末は多くの人で賑わいます。

そんな「かわせみ河原」の特徴はコチラ

特徴

  • 料金がとにかく安い
  • 予約不要
  • 敷地が広い
  • フリーサイト
  • 川遊びが楽しめる
  • インターから近い
  • 設備は最低限しかない
  • チェックアウトの時間がないので丸2日間いれる

 

テントサイト バンガロー デイキャンプ 常設テント

 

かわせみ河原の紹介

かわせみ河原

埼玉県寄居町にある「かわせみ河原」は広い河原でキャンプやデイキャンプが利用できる人気のキャンプ場です。

広大な敷地の中で自分たちの好きな場所に設営ができるフリーサイトなので週末は早い時間から混み合います。

かわせみ河原オートサイト

そんな「かわせみ河原」の1番の特徴は料金の安さです。

環境美化協力費と呼ばれていますが日帰りのデイキャンプの場合は車1台500円、宿泊の場合は車1台1,000円と驚くほどの安さです。

編集長
編集長

利用人数ではなく車の台数に対して料金が発生します。

我が家は車1台(人数は4人)でデイキャンプをしましたが料金は500円でした。

ちなみに徒歩で1泊を利用する方は200円です。

設備はトイレと水道が場内の外にあるだけなのでキャンプに慣れていないと大変かもしれませんがロケーション・料金共に素晴らしいので多くの人が利用するキャンプ場です。

追記

2022年7月より利用申請書が必要になりました。

利用する前に登録しておく必要があるので面倒ですが登録しておきましょう。

 

施設紹介

かわせみ河原の施設を紹介します。

 

01.オートサイト

フリーサイト

かわせみ河原は車の乗り入れが可能なオートサイトです。

受付をした後はどこでも好きな場所に設営ができるので大型テントやグループキャンプなど広いスペースが必要な場合でも対応できます。

受付
編集長
編集長

受付はドライブスルー方式で車に乗った状態でお金を払います。

 

場内は縦長になっており入り口に近い場所が人気ですぐ埋まります。(トイレに近い方が人気のため)

場内MAP

橋の奥まで設営できる場所がありますが、奥へ行くほど砂地や荒地なので車がスタックする確率が高いです。

スタックとは?】

砂地にタイヤがはまり抜け出せなくなる事。

スタック注意

4WD車やオフロードに特化した車でないでと渡る事ができないので注意しましょう。

編集長
編集長

利用した時もスタックしている人がいました。

結構頻繁にあるみたいなので場所を決める時は地面を確認してから利用しましょう。

 

かわせみ河原のオートサイトエリアを大きく2つに分けて紹介します。

 

川沿いエリア

川沿いエリア

川のすぐ横に設営ができる川沿いエリアは家族連れに人気の場所です。

川沿いエリア

約400m設営できる場所がありますがトイレに近い手前側が人気です。

奥へ行くほど砂地になりスタックしやすくなるので普通車の方は出来るだけ入り口側に設営する事をおすすめします。

オートサイト

川は浅瀬もあるので小さい子供でも川遊びを楽しむ事ができます。

カヌーやボートを持ってきて漕いだり、釣りをする事も可能なので川遊びを楽しみたい方や、日帰りでバーベキューを楽しみたい方は川沿いがおすすめです。

川沿い
編集長
編集長

私が利用した時は天気が良く川でなく湖にきているような穏やかさがありました。

魚やオタマジャクシもいたので子供達が川遊びを楽しめる場所だと思います。

 

森側エリア

森側エリア

森側のエリアは宿泊している方が多く利用する場所です。

こちらもフリーサイトなので先着順で場所を決める事ができますが川沿いサイト同様手前側から埋まっていきます。

森側エリア

地面は手前側から芝生砂利と変わっていき奥へ行くほど大きい石が多いです。

芝生は砂利の上に一部芝(雑草)がありました。

芝生

中央付近からは砂利に変わります。

砂利サイト

芝(雑草)が生えている場所も一部ありますが奥へ行くほど砂利が多くなってきます。

一番奥の方は大きな石が転がっているので地面が固く鍛造ペグなどの丈夫なペグを持っていかないと刺さらないので注意しましょう。

石のサイト 奥のサイト
編集長
編集長

さらに奥へ行くと人が少ないのでプライベート感があります。

ただしトイレや水道が遠く野営に近い雰囲気なので野営が好きな方は橋より奥がおすすめです。

かわせみ河原はダムの放流などがあり増水したらテントの移動が大変なので宿泊をする時は道路側に設営する事をおすすめします。

 

以上がオートサイトの紹介です。

 

02.水まわり

キャンプ場の水まわり(炊事場、トレイ、お風呂)を紹介します。

 

炊事場

炊事場 炊事場

炊事場は入り口から外へ出てすぐの場所にあります。

洗い物などが出来る簡易的な炊事場ですが食器類やBBQコンロなどを洗う事ができます。

スポンジや洗剤などは備え付けがないので持参しましょう。

 

トイレ

トイレ

トイレは炊事場と同じ場所にあります。

こちらも入り口を出てすぐの場所にあり男女共にウォシュレット付きのきれいなトイレです。

トレイ
男子 小×3 洋式×1
女子 洋式×4
身障者用(洋式)×1

 

お風呂・シャワー

キャンプ場内にお風呂やシャワーはありませんがすぐ近くの老人福祉センターかわせみ荘」で入浴できる施設があります。

老人福祉センターの施設を利用するので利用時間が9:00~16:30(入浴時間16:00まで)と早いです。

利用する際は注意しましょう。

編集長
編集長

現在は事前予約制になっています。(当日予約不可)

また利用人数の制限や時間指定など細かい注意事項もあるのでキャンプで使うことは難しいかもしれません。

車で15分ほどの場所に日帰り温泉があるのでお風呂に入りたい方は車で移動する事をおすすめします。

 

03.デイキャンプ

デイキャンプ

かわせみ河原はデイキャンプも可能です。

夏場はデイキャンプで利用する方の方が多く週末になると朝から混み合うので早めにチェックインする事をおすすめします。

編集長
編集長

朝は9時から利用できます。予約制ではないので場所は早い者勝ちですよ。

 

04.ゴミ捨てに関して

ゴミ

かわせみ河原はゴミステーションがあるのでゴミを捨てて帰る事ができます。

入場する時にゴミ袋を2枚もらうので分別をしっかりして捨てて帰りましょう。

編集長
編集長

ゴミ捨て場があるのは本当に助かります。

料金が安いのにゴミも捨てて帰れるのは本当に素晴らしいですね。

入り口付近に灰捨て場もあります。

こちらは火を完全に消してからでないと捨てる事が出来ませんが、水が入っている大きな穴に灰を捨てる事ができます。

炭捨て場

 

05.レンタル品

かわせみ河原はレンタル品の貸し出しがありません。

道具は持参する必要があるので持っていない方はレンタルサイトなどを活用して揃えてからいきましょう。

 

キャンプ場で受取れるhinataレンタルを活用すれば道具を持っていく必要がないので手ぶらでバーベキューを楽しむ事ができます。

hinataレンタル

 

06.売店

入り口を出た場所に売店がありましたが先日利用した時は閉まっていました。

売店の情報が分かり次第更新します。

 

薪は受付の場所に500円で販売されていました。

薪販売

受付の方は夜になるといなくなるのでお金を入れて薪を買うシステムです。

 

以上が施設紹介です。

 

注意点

利用する上での注意点を紹介します。

  • 場所は早い者勝ち
  • 地面は固い場所がある
  • スタックしやすい
  • 受付から離れるとトイレ・水道が遠い
  • 予約はできない
  • 利用申請書を書く必要がある
  • 強風に注意
  • ダムの放水サイレンがなったら避難
  • 直火・花火は禁止
  • 大自然の中ではない

設備が少ないキャンプ場なので注意点はたくさんありますが一番は「設営場所」です。

トイレや水道は受付付近に1箇所だけしかないので離れれば離れるほど距離が遠くなります。

参考までにトイレから橋までは約600mあります。

トイレまでの距離
編集長
編集長

私はトイレからの距離400mあたりに設営しましたが遠かったです。

ただ、遠い方が混雑していないので広々使えるメリットもあります。

優先する方を選びましょう。

また、川の近くへ行くと砂地が多く4WD以外の車はスタックする確率が高く危険です。

看板も出ていますが普通車の方は手前側か川から離れた場所に設営する事をオススメします。

スタック

実際に利用していた時に2台がスタックしかけていました。

スタック

 

そして、利用した時に失敗した事ですが砂地はベグが抜けやすいので強風が吹くとテントやタープが吹き飛びます。

実際にタープが飛ばされたので長いペグにするか、飛ばされないようロープを使って固定するなど対策は必要だと思います。

編集長
編集長

28cmの鍛造ペグをタープで使いましたが強風でペグが抜けました。

砂利の場所だった影響もありますが地面が柔らかい場所も多いので30cm以上のペグとガイロープなどで固定する事をおすすめします。

 

施設概要

かわせみ河原の概要をまとめます。

住所 〒369-1221

埼玉県大里郡寄居町保田原321先

電話番号 080-2634-1112
営業期間 通年営業(火曜・水曜休み)
利用料金 【宿泊】

普通車:1台1,000円

バイク:1台600円

徒歩:200円

【デイキャンプ】

普通車:1台500円

バイク:1台300円

徒歩:100円

サイトの広さ フリーサイト
予約方法 予約不可
営業時間 9:00〜17:00
レンタル なし
ホームページ かわせみ河原

 

ある設備
  • ウォシュレット付きトイレ(場外)
  • 自動販売機(場外)
  • ペットOK
  • ゴミ捨て場
ない設備
  • Wi-Fi
  • 花火NG
  • 遊具
  • ランドリー
  • 電源サイト
  • お湯の出る炊事場
  • ドッグラン
  • 直火禁止
  • お風呂(近くのお風呂が休止中)

 

編集長からの一言

花園インターから近く料金も安いキャンプ場なので週末はかなり混み合う人気のキャンプ場です。

私が利用した時は運が良かったのか、隣との間隔も空いていたのでとても静かに過ごす事が出来ました。

フリーサイトなので広々使え、川遊びが楽しめ、この安さなので最高に満足できた場所です。

バーベキューを楽しむグループが多いと聞くので静かに過ごせるかは運次第ですが、朝9時から利用できて1泊1,000円なので多少うるさくても文句が言えないですね。

料金が安いため気軽に使える場所なので今後もリピート確定です。

注意点を読んで問題なさそうであればぜひ利用してみて下さいね。