山梨県

PICA富士吉田|山梨県富士吉田市

PICA富士吉田レビュー

富士山の麓にある「PICA富士吉田」キャンプ場は緑の森の中でキャンプが楽しめる高規格キャンプ場です。

富士山や富士急ハイランドにも近くキャンプ帰りに遊べる場所が多いのでファミリーやグループに人気の場所です。

編集長
編集長

富士山付近にはPICA系列の「富士西湖」「山中湖」「Fujiyama 」「表富士」などPICAキャンプ場がたくさんあるので迷わないようにしましょう。

そんなPICA富士吉田の特徴はコチラ

特徴

  • 設備が充実
  • コテージの種類が多い
  • アクセスがいい
  • 手ぶらでキャンプが楽しめる
  • お風呂がある
  • 大人数も対応
  • チェックアウトが12時と遅い(テントサイト)
  • ドッグラン付きのコテージがある
  • 周辺に遊べる場所がたくさんある
  • 駅から無料巡回バスがある

 

テントサイト バンガロー デイキャンプ 常設テント

 

PICA富士吉田の紹介

PICA富士吉田

山梨県富士吉田市にある「PICA富士吉田」は河口湖ICから車で8分とアクセスのいいキャンプ場です。

編集長
編集長

駅から無料バスも出ているので電車で行くことも出来ます。

PICA富士吉田の一番の特徴は宿泊施設が充実していること。

PICA富士吉田

画像:PICA富士吉田

オートキャンプ、コテージ、グランピングなどの様々な施設が約20種類あります。

その中でも特にコテージが多く、「大人数(20名)で泊まれるコテージ」や「ドッグラン付きのコテージ」など幅広い種類があるので目的にあったコテージが見つかるはずです。

ドッグラン付きコテージ

画像:PICA富士吉田

レンタル品も充実しているのでキャンプに慣れていない方や、仲間同士で楽しみたい方にはおすすめのキャンプ場です。

 

また、PICAのキャンプ場には土曜日宿泊の場合「ハッピーフライデー」を利用することで前日の金曜日の宿泊費が無料(コテージは半額)になる割引があります。

ハッピーフライデー

画像:PICA富士吉田

編集長
編集長

前日からチェックインしたい方や、土曜日の朝からチェックインしたい方は「ハッピーフライデー」を活用すればお得に利用する事が出来ます。

連泊割引が適用されるので上手く活用しましょう。

 

施設紹介

PICA富士吉田の施設を紹介します。

 

01.コテージ・トレーラー

コテージ

画像:PICA富士吉田

コテージは12種類と豊富で人数や目的別に選ぶ事が出来ます。

「ウッド調のコテージ」や「薪ストーブ付きのコテージ」など様々なコテージがあり人数も4名用〜20名まで対応しています。

 

コテージ・トレーラーの種類
  1. コテージ・キッチンデッキ 薪ストーブ
  2. コテージ・グリーン
  3. コテージ・ハンモック
  4. ドッグガーデンキャビン
  5. トレーラーキャビン
  6. コテージ・キャンピンググランデ
  7. コテージ・ダイニング
  8. コテージ・グランデ8
  9. コテージ・グランデ6
  10. コテージ・フォレストキッチン
  11. コテージ・テラス
  12. コテージ・ビッグテラス

全てのコテージで冷暖房マットが付いているので夏場でも快適に過ごす事が出来ます。

コテージによっては冷蔵庫、電子レンジなどの家電やキッチン、ユニットバスなどの設備が備え付けてあるので快適にキャンプを楽しむ事が出来ます。

冷房
編集長
編集長

ホテル並みの設備が整っているコテージもあるのでキャンプでも快適に過ごせるはずですよ。

 

コテージをいくつかピックアップして紹介します。

コテージテラス」はロフトや冷暖房が着いたシンプルなコテージです。

コテージテラス

屋根付きのテラスも広く天気が悪くてもバーベキューを楽しむ事が出来ます。

テラス コテージ内部
編集長
編集長

ロフトは子供が喜ぶのでファミリキャンプにおすすめです。

 

ドッグガーデンキャビン」はドッグラン付きのコテージで約200平米の広さがあります。

ドッグラン付きコテージ

画像:PICA富士吉田

ペットと一緒にキャンプを楽しみたい方におすすめのコテージです。

 

コテージ・キャンピンググランデ」はインテリアにもアウトドアギアを取り入れたおしゃれなコテージです。

コテージ・キャンピンググランデ

画像:PICA富士吉田

コテージ・キャンピンググランデ

画像:PICA富士吉田

焚き火やバーベキューが出来る屋根付きのウッドデッキや、家電に調理器具、ユニットバスまである充実の設備が魅力のコテージです。

編集長
編集長

コテージの種類が豊富なので迷うと思いますがどのコテージも充実した設備があるのではじめてキャンプをする方でも安心ですよ。

 

02.マッシュルームパオ

マッシュルームパオ

PICA富士吉田にはパオが3種類あります。

 

3種類のパオ
  1. マッシュルームパオ・グランデ
  2. マッシュルームパオ・TAKIBI
  3. マッシュルームパオ・フォレスト

ダブルベットがある「グランデ」、テラスで焚き火ができる「TAKIBI」、切り株クッションが人気の「フォレスト」があります。

パオはコテージと違い高さがあるので開放感があり快適に過ごす事が可能です。

パオの内部

テーブルやチェア、バーベキュー台、マットなどが備え付けてあるので手ぶらで利用する事が出来ます。

寝具 焚き火台
編集長
編集長

TAKIBIに宿泊しましたが広くて冷暖房付きなので快適でした。

パオに泊まる経験は中々出来ないのでおすすめです。

 

03.テントヴィラ

テントヴィラ

食事がセットになっている「テントヴィラ」はカップルや夫婦におすすめのサイトです。

テントヴィラの目の前に食事が出来るスペースがあり自分たちで調理して食事を楽しむ事が出来ます。

テントヴィラ食事

テント内にはベッドがあるのでキャンプに慣れていない方でも快適に寝る事が出来るはずです。

テントヴィラ

画像:PICA富士吉田

編集長
編集長

定員が2名ですが3歳以下の子供はカウントしないので家族での利用も可能です。

【補足】

2022年4月より素泊りプランが出来ました。

食事を持ち込めるので自分たちで食べたいものを調理する事が可能です。

 

04.オートサイト

オートサイトは3種類あります。

オートサイトの種類
  1. テントサイト 電源付き(A)
  2. テントサイト 電源付き(B)
  3. テントサイト 電源なし

サイトの広さは1区画あたり80㎡〜120㎡なので「テント+タープ+車」が入る広さです。

場所によってはタープは難しですが全体的に広い区画です。

編集長
編集長

テントサイトは区画内に木がある場所もあります。

設営が難しい場所もあるので大型テントを利用する場合は予約の時に希望を伝える事をお勧めします。

電源付きA

電源サイトA

画像:PICA富士吉田

「電源付きA」サイトは1区画120㎡ある横長の区画で4サイトあります。

キャンプ場の中心にあり炊事場やトイレに一番近いサイトです。

人が通る道路の真横にあるので比較的に賑やかなサイトになります。

 

電源サイトB

電源サイトB

画像:PICA富士吉田

「電源付きB」サイトは1区画120㎡ある森林サイトで15サイトあります。

木に囲まれているので日陰が多く一番広いサイトです。

広さが120㎡あるので「車+テント+タープ」が設営出来ます。

編集長
編集長

先ほど紹介した「電源サイトA」よりかサイトは少し広いと思います。

原電付きを希望の方は「電源付きB」がおすすめです。

 

電源なし

電源なしサイト

画像:PICA富士吉田

「電源なし」サイトは1区画80㎡ある森林サイトで14サイトあります。

電源がない分テントサイトの中では料金が一番安いサイトです。

一番奥にあるので炊事場からは遠いですが静かに過ごす事が出来る場所です。

 

編集長
編集長

オートサイトの電源は1500Wまで利用できます。

通常のキャンプ場は1000Wが多いので1500Wまで使えるのは冬場は助かりますね。

 

05.水まわり

キャンプ場の水まわり(炊事場、トレイ、お風呂)を紹介します。

 

炊事場

炊事場

炊事場は場内中央に2箇所あります。

少し古い設備ですがお湯も出るので寒い時期でも安心して利用できます。

洗剤などはないので持参しましょう。

編集長
編集長

テントサイト以外にコテージを利用する人も使うので夕方や朝は混み合うので注意しましょう。

 

トイレ

トイレ

トイレは2箇所(受付のあるゲストハウスと場内中央)ありとてもキレイに掃除されています。

ウォシュレット付きのトイレもあるので女性や子供でも安心して利用できると思います。

トイレ
編集長
編集長

中央のトイレはテントサイト以外にコテージを利用する人も使うので結構混みます。

 

お風呂

お風呂

PICA富士吉田に宿泊している方であれば無料で入れるお風呂があります。

24時間空いているわけではないですが夜に入り忘れても翌朝8時から空いているのでお風呂でリフレッシュする事が出来ます。

シャンプーなどは無かったので持参する必要がありますがドライヤーはありました。

編集長
編集長

広いお風呂ではないので夕食後は混み合います。

また、今は時間と人数の制限を設けているので受付で確認をしておきましょう。

お風呂の営業時間

15:00~24:00、翌朝8:00~10:00

 

06.デイキャンプ

PICA富士吉田はデイキャンプのプランがなく宿泊のみの利用になります。

 

07.ゴミ捨てに関して

ゴミステーション

ゴミ捨て場がゲストハウス(管理棟)の近くにあるのでゴミは捨てて帰る事が出来ます。

分別方法はチェックインの時に説明があるので燃えるゴミ、燃えないゴミを分けて捨てましょう。

また、炭・灰捨て場もあるので火が消えてから指定の場所で捨てましょう。

炭捨て場
編集長
編集長

コテージ備え付けのバーベキューグリルの灰はスタッフが片付けてくれるそうなので灰は残したままでいいそうです。

 

07.レンタル品

ゲストハウス

PICA富士吉田はレンタル品も充実しています。

オンライン予約の時にレンタル品を合わせて予約するので必要なものは事前に予約しておきましょう。

レンタル出来る商品は迷うほどあるので事前にチェックしておく必要があると思います。

編集長
編集長

テントやタープも借りる事が出来ますが数に限りがあるので早めに手配しましょう。

 

テントのレンタルがない場合は、キャンプ場で受取れるhinataレンタルなどを活用して道具を揃えてもいいかもしれません。

hinataレンタル

 

08.売店

売店

受付があるゲストハウス内に売店があります。

営業時間は7:00~21:00なので必要があれば売店で購入しましょう。

売店

画像:porta

以上が施設紹介です。

 

注意点

利用する上での注意点を紹介します。

  • 富士山は見えない
  • 子供が遊ぶ場所がない
  • 花火は禁止
  • 炊事場などは少し古い

PICA富士吉田は富士山の麓にありますがキャンプ場から富士山を見ることはできません。

近くに「富士北麓公園」があるので富士山を見たい方は公園まで歩いて行く必要があります。

編集長
編集長

ゲストハウスの階段と女子風呂からは富士山が見えるらしいです。

 

また、子供が遊べる遊具などはないのでトランプなどサイト内で遊べる道具を持っていた方がいいかもしれません。

以前ツリーハウスがありましたが老朽化により取り壊されてしまいましたみたいですね。

ツリーハウス

 

施設概要

PICA富士吉田の概要をまとめます。

住所 〒403-0005

山梨県富士吉田市上吉田4959-4

電話番号 0555-24-4343
営業期間 通年営業
利用料金 Web参照
サイトの広さ 80㎡〜120㎡
予約方法 Web
営業時間
レンタル テント、ランタン、キッチングッズなど

レンタルページ

ホームページ PICA富士吉田

 

ある設備
  • ウォシュレット付きトイレ
  • お風呂
  • 自動販売機
  • 売店
  • お湯の出る炊事場
  • 電源サイト
  • ペットOK
  • ランドリー
  • ゴミ捨て場
ない設備
  • Wi-Fi
  • 電波は弱い
  • 花火NG
  • 遊具

 

編集長からの一言

今回PICA富士吉田を利用したのは2回目ですが改めてPICAは設備が素晴らしと感じる事が出来ました。

レンタル品も充実しているのではじめてのキャンプでも安心して利用できるキャンプ場です。

富士吉田はアクセスがいいのが嬉しいですね。翌日には富士急ハイランドへ遊びに行けるので「キャンプ+富士急」はおすすめです。

 

今までPICAのキャンプ場は5箇所行きましたがどれも素晴らしく何度もリピートしたくなるのでキャンプ場選びで迷ったらPICAの中からキャンプ場を選ぶと素敵なキャンプが出来ると思います。