News

【ZEROGRAM】ドーム型シェルターとダブルウオールテントが発売

最小2kg未満と軽量

アウトドアブランド「ZEROGRAM(ゼログラム)」からミニマルキャンプでのユニークな基地作りに最適な2種類のテントが発売されました。

デザイン性が素晴らしいテントなので、新しくテント購入を検討している方はぜひチェックしてください。

編集長
編集長

同時発売のテントは軽量で設営が簡単なテントです。

ZEROGRAM(ゼログラム)らしさ満載のテントだと思います。

 

 

ZEROGRAM新作テント紹介

ZEROGRAM新作テント紹介

ライトバックパッカー向けアウトドアブランド「ZEROGRAM(ゼログラム)」が2023年3月18日(土)に新作テントを発売されました。

圧倒的な開放感で8kg未満のドーム型シェルターBROOKS GROUND DOME SHELTER(ブルックスグランドドームシェルター)」と、設営5分で結露の不快感がないトンネル型軽量ダブルウオールテントOAKLEAF 2p」の詳細が発表されたので、各テントの特徴を紹介していきます。

 

BROOKS GROUND DOME SHELTER

BROOKS GROUND DOME SHELTER

ドーム型のシェルター「BROOKS GROUND DOME SHELTER(ブルックスグランドドームシェルター)」は、6名まで対応できる大型のシェルターです。

そんなBROOKS GROUND DOME SHELTERの特徴はこの4つです。

特徴
  1. 圧倒的な開放感
  2. 8kg未満と軽量
  3. 悪天候や結露を防げる構造
  4. ダブルウオールテントとしても利用可能

それぞれ細かく紹介します。

 

01.圧倒的な開放感

BROOKS GROUND DOME SHELTER

ドーム型のシェルター「BROOKS GROUND DOME SHELTER(ブルックスグランドドームシェルター)」は窓が10面ある開放的なテントです。

4面が大きな出入口になり、2面ある天窓を開けると青空や星空を見上げて過ごすことができます。

10面に窓があると、夏場などは通気性が良く過ごしやすいのではないでしょうか。

編集長
編集長

22カ月もの開発期間をかけて生まれた構造みたいですよ。

こだわりの詰まった新作テントですね。

 

02.8kg未満と軽量

8kg未満と軽量

総重量7.89㎏と8kg未満の軽量性を実現しています。

一般的に半球状ドームシェルターは8本以上のポールが必要ですが、「BROOKS GROUND DOME SHELTER」は、ポールやフットプリントを留めるパーツ数を最小限にした為、ポール5本のみで設営できます。

さらに、1人でも10分程度でできる抜群の設営しやすさを実現しました。

編集長
編集長

ドームシェルターで軽くて設営が簡単なのは素晴らしいです。

ポールが少ないので設営の手間もなさそうですね。

 

03.悪天候や結露を防げる構造

結露を防げる構造

「BROOKS GROUND DOME SHELTER」は、フライに負担をかけない耐風性や安定性に優れた構造に仕上がっている為、悪天候でも安心して利用できます。

また、結露のストレスが少ないのも「BROOKS GROUND DOME SHELTER」の特徴の1つです。

結露がエッジに沿ってボトムに流れ、天井から落ちてきづらい仕組みの構造になっています。

【安心の構造】

  • 強い雨でも出入口に中に水が入らない構造
  • ジップに防水コーティング
  • 結露が落ちてこない構造
編集長
編集長

朝起きて結露が天井に溜まっていると焦るので、結露を最小限に抑える構造は助かりますね。

 

04.ダブルウオールテントとしても利用可能

ダブルウオールテントとしても利用可能

「BROOKS GROUND DOME SHELTER」は、別売りのインナーテントを組み合わせることで、4名用ダブルウォールテントとして利用できます。

シェルターとインナーテントとの角度をあえてずらしたユニークな設計が特徴で、機動力が高い動線と前後2か所に広い前室を確保しました。

編集長
編集長

前室はそれぞれに自転車が置けるほどの広さです。

 

以上が、ドーム型のシェルター「BROOKS GROUND DOME SHELTER(ブルックスグランドドームシェルター)」の特徴です。

 

OAKLEAF 2p

最小2kg未満と軽量

トンネル型テントで、ミニマルキャンプやバイク旅でユニークな空間を提供してくれる「OAKLEAF 2p(オークリーフ2名用)」はソロから2名用まで対応可能なテントです。

そんなOAKLEAF 2pの特徴はこの4つです。

特徴
  1. 広い居住空間
  2. 2kg未満と軽量
  3. 5分で設営可能
  4. 換気&結露の不快感がミニマム

それぞれ細かく紹介します。

01.広い居住空間

OAKLEAF 2p

「OAKLEAF 2p(オークリーフ2名用)」は、居住性の高さが印象的なトンネル型テントです。

インナーテントは高さ(115cm)、横幅(135cm)と広く大人2名以上に使える空間です。

また、インナーテントを取るとコットを2つ並べることもできます。

前室は折りたたみ自転車も置ける広さがあるので荷物を置いたり、簡単な調理ができるスペースを作れます。

編集長
編集長

ソロで使うには余裕があるサイズではないでしょうか。

 

02.最小2kg未満と軽量

最小2kg未満と軽量

「OAKLEAF 2p」は最小1.989kg(総重量2.508kg)と軽量なので持ち運びに便利です。

登山やツーリングなどのミニマルキャンプにおすすめのテントです。

編集長
編集長

登山用やツーリング用のテントは1kg以下のものも出ていますが個人的には2kg以内に収まるのであればいいと思います。

 

03.5分で設営可能

5分で設営可能

「OAKLEAF 2p」は、一人で簡単に設営することができるテントです。

設営方法は、3本のポールを入れ、テール1か所にペグダウンしてフロントを引っ張るだけです。

インナースリーブ式ながら、フライとインナー、フットプリントの一体構造のトンネル型ダブルウオールテントなので5分で設営可能です。

編集長
編集長

天候が悪い日でもすぐ立ち上がるのでいいですね。

 

04.換気&結露の不快感がミニマム

換気&結露の不快感がミニマム

「OAKLEAF 2p」は換気できる機能が備わっているので結露になりにくい構造です。

ベンチレーションが前後2か所あり、テント内からでも開けられる仕様になっているのでいつでも空気を換気することが可能です。

また、後方テール部分が必要に応じて巻き上げられるため、湿気や温度の高い時期や素早く換気したい時は、3番目のベンチレーションとして空気がしっかり循環します。

そして、「インナーテント全面」「ベンチレーション」に”モノフィラメント“が使用され、結露の不快感は限りなくゼロです。

モノフィラメントとは

1本の繊維で糸が作られ、組織が安定し耐摩耗性に優れた素材です。

テント素材としては特殊ですが、身近には歯ブラシのブラシやラケットのネットの部分に使われています。

テントのインナー素材として限りなく薄く作られたモノフィラメントは、メッシュのような通気性を持ちながら撥水性に優れ、より軽く、より優れた強度がある素材です。

通気性と撥水性があることで、例えばインナーテント内部で発生した水分を含む空気が結露としてフライについてもインナーテントに戻ることはほぼありません。また撥水加工をしていないのでその効果は永久的に保たれます。

編集長
編集長

モノフィラメント素材はZEROGRAMテントの特徴ですね。

 

以上が「OAKLEAF 2p」の特徴です。

 

仕様

BROOKS GROUND DOME SHELTER」と「OAKLEAF 2p」の仕様を紹介します。

 

BROOKS GROUND DOME SHELTERの仕様

人数 6P
素材 fly : 30D N/R silicone/PU coated, pole:ZERO-BONE(ジェラルミン)
サイズ 360(L)x360(W)×190(H)cm
重量 7890g(総重量)
カラー D/GREEN
構成 シェルター、フライ、ポール5、ペグ16、ガイライン6、フットプリント、スタッフサック
発売予定価格 275,000円(税込)

 

OAKLEAF 2pの仕様

人数 2P
素材 fly:Recycle N/R silicone/PU coated, inner: monofila, pole : ZERO-BONE UL(ジェラルミン)
サイズ inner 210(L)x135(W)x115(H)cm
重量 minimum 1989g , packing 2508g
カラー YELLOW
構成 フライ、インナー、ポール、ペグ17、ガイライン6、フットプリント、スタッフサック
・その他 前室1、出入口2、ベンチレーション3、ランタンフック1
発売予定価格 115,500円(税込)

 

編集長から一言

「ZEROGRAM(ゼログラム)」が2023年3月18日(土)に新作テントを2種類発売しますが、2種類ともデザインが素敵なテントです。

個人的に「OAKLEAF 2p」の形と色味は好みですね。

軽量テントなので持ち運びもしやすいですし、短い時間で設営ができるのも素晴らしく「ZEROGRAM」らしさが出ているテントだと思います。

耐久性や素材は発売しないとわかりませんが、テント購入を考えている方はZEROGRAMのテントを候補に入れてみてはいかがでしょうか。