キャンプギア

【SOTO】レギュレーターストーブRANGE ST-340を徹底レビュー

SOTOST-340レビュー
たかひろ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

SOTOのレギュレーターストーブ 「Range(レンジ) ST-340」は、2022年に発売された新しいモデルのシングルバーナーです。

デザインがかっこいい

キャンプ業界で圧倒的な人気を誇る「ST-310」を進化させた「ST-340」は何が素晴らしいのか、注意点は何かを細かく紹介していきます。

今回は「ST-310」との比較ではなく「ST-340」の使い勝手を紹介します。

実際に使うと本当に素晴らしいガスバーナーで、人気の理由がわかりました。

naviさん
naviさん
created by Rinker
ソト(SOTO)
¥7,485 (2024/03/01 15:18:29時点 Amazon調べ-詳細)

SOTOレギュレーターストーブ「ST-340」レビュー

デザインがかっこいい

SOTOのレギュレーターストーブ「RANGE ST-340」は持ち運びがしやすいコンパクトなガスバーナーです。

そんな「RANGE ST-340」の特徴はこの4つです。

4つの特徴
  • コンパクト
  • 火力が3.3kW(2,800kcal/h)
  • 低温度でも一定の火力を発揮
  • ミドルサイズのクッカーに最適

圧倒的人気を誇る「ST-310」を進化させた商品なので、デザイン・性能ともに文句なしのガスバーナです。

レギュレーターストーブとは?

気温5℃から25℃の環境下でも常に一定の火力をキープする、SOTO独自開発のマイクロレギュレーターを搭載したストーブ。

連続使用時や低温時におけるボンベ内の圧力低下に影響されにくく、安定した火力を発揮します。

良かった点

「RANGE ST-340」を使って良かったポイントを紹介します。

01.火力が強い

火力が強い

「ST-340」は、CB缶シングルバーナーですが、最大火力は3.3kW(2,800kcal/h)あるため、すぐにお湯を沸かすことができます。

「ST-310」は2.9kW(2,500kcal/h)なので「ST-340」の方が火力が強いです。

火力調整もつまみをまわすことで弱火〜強火まで調整ができるため、調理用バーナーとして便利に使えます。

火力調整

お湯を沸かす時や、鍋を煮込む時など安定した火力で調理ができるガスバーナーです。

SOTOのバーナーをはじめて使いましたが火力の強さには驚きました。

ガスコンロと比較しても火力で負けることはないと思いますよ。

naviさん
naviさん

02.コンパクトに収納できる

コンパクト

「RANGE ST-340」最大の特徴はコンパクト収納です。

ゴトク(脚)を畳むと手のひらサイズに収まります。

コンパクト収納

収納サイズは幅140×奥行70×高さ110mm

さらに、重量も360gと軽量なため持ち運びに便利なコンパクトバーナーです。

専用の収納袋も付いているので、袋に入れて収納BOXに入れておけばかさばることはありません。

収納

これだけコンパクトに収まると持ち運びが本当に楽ですね。

今までガスコンロを持ち運んでいたので荷物が減りました。

naviさん
naviさん

03.CB缶(カセットボンベ)が利用できる

CB(カセットボンベ)缶

コンビニやスーパーで売られているカセットボンベで利用できるため、手軽に燃料を購入することができます。

RANGE ST-340

メーカー指定のCB缶が推奨されていますが、社外品のCB缶でも問題なく利用できます。

家で鍋をする時に使うCB缶も利用できるのでコストを安く抑えることが可能です。

ただし、他社製品を使う場合は、燃焼能力が低下したり、故障や事故を起こした場合は保証の対象外になるので注意しましょう。

私は寒い時期も使うのでSOTOのガス缶を購入しています。

ガス缶にも種類がありますが、低い気温でも使える「パワーガス」はいいですよ。

naviさん
naviさん
created by Rinker
ソト(SOTO)
¥810 (2024/03/01 15:18:29時点 Amazon調べ-詳細)

04.デザインがかっこいい

デザインがかっこいい

「RANGE ST-340」を使って一番気に入った点がデザイン性です。

洗練された無駄のないデザインで、4本脚のシルエットがかっこいいバーナーです。

デザインが好みでSOTOを選ぶ方も多いのではないでしょうか。

少しマニアックですが、脚を開いている時に動き出しそうな雰囲気がすごく好きです。

naviさん
naviさん

05.ゴトク(脚)が熱くならない

ゴトク(脚)が熱くならない

五徳(脚)の素材がステンレスのため、熱伝導率が低く、調理直後に触っても五徳の下であれば素手で触れます。

火が直接当たっている上部分は熱いため調理直後に触るのは危険ですが、下を持って移動させることは可能です。

ST-310」はスチール素材なので素手で持てないほど熱さがありましたが、「ST-340」は素材が変わったことで熱に強く、安心して利用できるガスバーナーへ進化しました。

今回、購入にあたりST-340と310を比較しましたが、五徳の熱伝導が進化したことでST-340にしました。

この進化は素晴らしいですね。

naviさん
naviさん

以上が「RANGE ST-340」を使って良かった点です。

注意点

「RANGE ST-340」を使う上での注意点を紹介します。

01.風の影響を受ける

風の影響

SOTOのガスバーナーの弱点ですが風を遮るものがないため風の影響を受けてしまいます。

風の影響を受ける

オプションパーツも販売されており「RANGE ST-340」専用の風貌もあるため、風対策はできますが、「RANGE ST-340」単体で利用すると、風は唯一の弱点だと思います。

あわせて読みたい
【オプションパーツ】SOTO Range ST-340で使える風防5選!
【オプションパーツ】SOTO Range ST-340で使える風防5選!

ST-310と比べるとオプションパーツはまだまだ少ないですね。

これから出てくることを期待しましょう!

naviさん
naviさん

02.小さいクッカーは不向き

画像:SOTO

「RANGE ST-340」はΦ66mmの火口で広範囲に熱を伝える仕様なので、中型(Φ11〜19cm)の調理器具と相性がいいのですが、小さい調理器具は熱がうまく伝わらないので調理には不向きです。

円の外側に火がつているため中央付近には熱が直接伝わらないです。

火の伝わり方
画像:SOTO

シェラカップや小さいクッカーは底に火が当たらない可能性があるので注意しましょう。

Φ11以上の調理器具は安定して利用できるので「ST-340」を使う場合は、中型調理器具(Φ11〜19cm)がおすすめです。

スキレット

メスティンやスキレットは問題なく利用できたのでほとんどの調理器具は大丈夫だと思いますが、念の為覚えておきましょう。

naviさん
naviさん

以上が「RANGE ST-340」の注意点です。

商品概要

「RANGE ST-340」の仕様を紹介します。

製品サイズ使用時:幅166×奥142×高110mm
収納時:幅140×奥 70×高110mm
重量360g (本体のみ)
材質バーナー/器具栓つまみ/ゴトク:ステンレス
ボンベホルダー/点火スイッチ:樹脂
発熱量3.3kW (2,800kcal/h)
使用時間約1.4時間 (ST-760を1本使用時)
使用燃料SOTO製品専用容器 (ST-760、ST-700)
点火方式圧電点火方式

ソロからファミリーまで使えるガスバーナー

SOTOの「ST-310」から進化した「RANGE ST-340」は火力・重量・使い勝手など全てに満足のいくガスバーナーです。

SOTOのガスバーナーをはじめて使いましたが、多くの人が利用している理由が分かりました。

ST-310」を買うか「ST-340」を買うか悩むと思いますが、使う調理器具のサイズで選べばいいと思います。

小さいクッカーやシェラカップを使う方は「ST-310」を、それ以外の方は「ST-340」がおすすめです。

ST-340」のカスタムパーツは少ないですが、少しずつ発売されてきています。

自分独自のカスタマイズができるようになると今後ますます人気が出そうですね。

あわせて読みたい
【オプションパーツ】SOTO Range ST-340で使える風防5選!
【オプションパーツ】SOTO Range ST-340で使える風防5選!
created by Rinker
ソト(SOTO)
¥7,485 (2024/03/01 15:18:29時点 Amazon調べ-詳細)
他の記事もチェック!

ガスバーナー特集

ABOUT ME
たかひろ
たかひろ
アウトドアライター
外遊びが大好きなアウトドアライター。 使って便利なキャンプギアや、キャンプ場のレビューなど”キャンプ”に特化した情報を発信しています。 ▶︎Yahoo!ニュース エキスパート公式ライター ▶︎ハピキャン公式ライター
記事URLをコピーしました