飯能・日高

せせらぎキャンプ場|飯能市

飯能市名栗にあるせせらぎキャンプ場は場内に川が流れており小さい子供から大人まで川遊びが楽しめるキャンプ場です。

河原でバーベキューが楽しめるのでデイキャンプを利用する方も多く週末は賑わいます。

そんなせせらぎキャンプ場の特徴はコチラ

特徴

  • 川遊びが楽しめる
  • 川への飛び込みができる
  • 川サイトと山林サイトが両方ある
  • 大人数だと予約できない

 

テントサイト バンガロー デイキャンプ 常設テント

 

せせらぎキャンプ場の紹介

管理棟

画像:せせらぎキャンプ場

せせらぎキャンプ場は都心から近く川遊びを満喫できるキャンプ場としてファミリーに人気のキャンプ場です。

一番の魅力は場内に流れるキレイな川で思いっきり遊べることです。浅瀬が多いですが飛び込みが出来るくらい深い場所もあるので川遊びを満喫することが出来ます。

川の水もびっくりするほどキレイですよ。

テントサイトは「川沿い」にある区画と「山林」にある区画があり川と山で違った雰囲気を味わうことが出来ます。

最近は大人数でのキャンプは利用できない規制があるため静かに過ごす事ができる場所なのでソロの方も多く利用されているキャンプ場ですよ。

 

施設紹介

せせらぎキャンプ場の施設を紹介します。

 

01.テントサイト

せせらぎキャンプ場のテントエリアは4箇所あります。

  1. オートキャンプA(川沿い)
  2. オートキャンプB(川は見えない)
  3. 柏テントサイト(川沿い)
  4. 山の上テントサイト(山の上)

それぞれ特徴があるので紹介します。

オートキャンプA

オートキャンプAエリアは川沿いにある区画で車の乗り入れが可能です。

全部で10区画あり川沿いに6区画、川から離れた場所に3区画あります。

「オートキャンプA」は川に近い場所なので川遊びがすぐ楽しめ、車を横付け出来るので一番人気のエリアです。

眺めがよく星空も見えますよ。

区画の広さは5m×8m位でしょうか。正確に測った訳ではありませんが少し狭かったです。

テント+車で埋まるのでタープや大型のテントは厳しいと思います。(空いている時は広く使わせてくれました)

地面は砂利で硬いのでペグは刺さりにくいかもしれません。鍛造ペグを持っていく事をオススメします。

 

オートキャンプB

こちらのサイトは川沿いから少し離れた場所にある区画です。

「オートキャンプA」は川遊びをしている方やデイキャンプをしている方で賑わっていますが「オートキャンプB」は川からも少し離れていて人も少ないので比較的静かです。

広さや地面の固さは「オートキャンプA」と同じでこちらも車の乗り入れが可能なエリアです。

「オートキャンプA」と「オートキャンプB」は料金が500円違います。「オートキャンプA」の方が場所がいいので高いです。

 

柏テントサイト

「柏テントサイト」はバンガローの奥にあるテントエリアです。

川沿いにある区画なので「オートキャンプA」と似ていますが柏サイトは車が入れないので荷物を運ぶ必要があります。

丸太橋を渡って移動しないといけないので荷物が多い方は移動が難しいと思います。

せせらぎキャンプ場丸太橋

画像:せせらぎキャンプ場

キャリーカートでは運べないので全て手持ちで運ぶので持っていく荷物を整理しておく事をオススメします。

区画の広さは5m×8m位でしょうか。車がないのでオートキャンプサイトよりかは広く使えると思いますよ。

 

山の上サイト

山の上サイトは山の上にあるサイトで静かにキャンプができる場所です。

「柏テントサイト」同様車の乗り入れが出来ず、さらに足場の悪い階段を登るので荷物は少なくないと移動が出来ない場所です。

山の上サイト

画像:せせらぎキャンプ場

野営に近い雰囲気があり自然の中でゆっくりすることが出来るのでソロの方にオススメです。

ファミリーキャンプの方は荷物が多く移動が大変かもしれません。

山の上サイトはフリーサイトになっているので自分が好きな場所に設営が出来るのも魅力の1つですね。

木がありますが傷んでしまうためハンモックは禁止です。自立式のであればOKみたいです。

 

注意点

テントサイトを利用する上での注意点を紹介します。

  1. 区画は狭い
  2. 柵がないので危ない
  3. テントサイトは地面が硬い
  4. 柏サイト、山の上サイトは移動が大変
  5. 山の上サイトにはトイレがない
  6. ハンモックは禁止

キャンプ場一番のデメリットですが区画は狭いです。

空いている平日などは隣がいないので余裕をもって設営させてもらえますが、GWや夏休みなどのハイシーズンは隣同士が近く狭いと思います。

大型のテントは難しいので注意が必要ですね。

また、山の上サイトですが、トイレがないので夜は足元が悪い階段を降りることになります。危ないので注意しましょう。

 

02.バンガロー

せせらぎキャンプ場バンガロー

画像:せせらぎキャンプ場

バンガローは16棟あり4.5畳のバンガローから26畳のバンガローまで幅広い人数に対応しています。

建物内には電源があるだけなので、毛布やマットレスなどはレンタルとなります。

 

03.バーベキュー場

屋根付きのバーベキュー場が3箇所完備されています。

バンガローで宿泊している方が利用する場所ですね。

利用するには別途料金がかかりますが大人数でバーベキューが出来る場所なので子ども会やボーイスカウトなどで活躍出来る場所です。

 

04.水周り

キャンプ場は水周り(炊事場、トレイ、コインシャワー、)を紹介します。

炊事場

炊事場は3箇所あります。

新しい炊事場ではありませんが掃除がされていたのでキレイにでした。

スポンジや洗剤はないので持参しましょう。

 

トイレ

トイレは2箇所あります。

管理棟近くのトイレは男性用、女性用、男女兼用があります。

キレイなトイレなので女性でも安心して利用できると思います。ウォシュレット付きの場所もありました。

男性トイレは和式でしたが、「男女兼用トイレ」と「女性用トイレ」はウォシュレット付きでとてもキレイでしたよ。

 

柏サイトのトイレは和式・洋式両方ありましたが男女で分かれておらず共用になっています。

トイレの数は少ないので移動が大変かもしれません。

 

シャワー

コインシャワーが管理棟の近くにあります。

3分で100円利用できますが3分はすぐ終わるので100円玉を持っていく事をオススメします。

車で10分ほどの場所に日帰り温泉「さらわびの湯」があります。お風呂でゆっくりしたい方はぜひ行ってみてくださいね。

 

05.川遊び

せせらぎキャンプ場川遊び

画像:せせらぎキャンプ場

場内には入間川が流れいて水が本当にキレイなので川遊びを満喫する事ができます。

浅瀬もありますが水深が深い場所もあり飛び込みができる場所もあるので子供達には大人気ですね。

キャンプで川遊びを楽しみたい方にはピッタリの場所だと思います。

 

06.デイキャンプ

せせらぎキャンプ場はデイキャンプを利用している方が多く夏場になると川岸が賑わいます。

デイキャンプは区画ではなく川岸を利用するのでリヤカーを借りて荷物運びをします。

テントサイトを利用する場合は別途利用料がかかるみたいです。

車の乗り入れが出来ないので大荷物だと移動が大変ですので荷物の量は気をつけましょう。

 

07.ゴミ捨てに関して

管理棟の前にゴミ捨て場があります。

ゴミを捨てて帰えることは可能ですが分別が細かく分かれているのでしっかりと分別しましょう。

 

注意点

利用する上での注意点を紹介します。

  • 大人数の利用制限がある
  • 区画は狭い
  • オートサイト以外は移動が大変
  • 近くにスーパーなどない

せせらぎキャンプ場は近隣が民家なので夜間の騒音対策として宿泊に関しては大人数での利用制限があります。

3家族以上はNG、子供の団体以外はNGなど利用規制があるので予約の際は確認しましょう。デイキャンプは大丈夫ですがグループキャンプは出来ないです。

また、前にも書きましたが車で乗り入れが出来ない場所(バンガロー、柏・山の上サイト)は荷物の持ち運びが大変です。

 

施設概要

せせらぎキャンプ場の概要をまとめます。

住所 〒357-0111

埼玉県飯能市上名栗975

電話番号 080-5178-0994
営業期間 3月中旬〜11月末
利用料金 オートA:6,000円〜7,000円

オートB:6,500円

柏テント:5,500円

山の上:5,000円

バンガロー:8,000円〜

サイトの広さ 約5m×8m(40㎡)

※正確に測った訳ではありません

予約方法 電話
営業時間 9:00 ~ 19:00
ホームページ せせらぎキャンプ場

 

ある設備
  • 自動販売機
  • ペットOK(小型犬のみ)
  • 花火OK
  • ウォシュレット付きトイレ
  • コインシャワー
  • ゴミ捨て場
  • レンタル品(毛布など)
ない設備
  • Wi-Fi
  • ランドリー
  • お湯の出る炊事場
  • ドッグラン
  • 電源サイト

 

編集長からの一言

せせらぎキャンプ場は川がキレイで遊ぶ場所がたくさんあるため川遊びをメインにキャンプを楽しみたい方にオススメです。

デイキャンプで川遊びをする方が多いので週末は子供達が多いですよ。

個人的にオススメは「山の上サイト」です。荷物を運ぶ手間はかかりますが雰囲気がいいので自然を満喫しながら過ごすことが出来ると思います。

山梨県道志村にある「オートキャンプせせらぎ」と名前が似ているので間違える方がいるので気をつけてくださいね。