秩父・長瀞エリア

満願(まんがん)ビレッジオートキャンプ場|秩父郡皆野町

満願ビレッジキャンプ場

満願(まんがん)ビレッジオートキャンプ場は「キャンプと温泉」を満喫できるキャンプ場です。

コテージやキャンピングトレーラーは充実した設備が整っているので家族や友達と手ぶらでのんびりキャンプをしたい方にオススメです。

そんな満願ビレッジオートキャンプ場の特徴はコチラ

特徴

  • 設備がきれい
  • コテージ・トレーラーハウス中心
  • 手ぶらで楽しめる
  • 温泉が無料で入れる
  • 全棟屋根付きのデッキがある
  • ペットOK

 

テントサイト バンガロー デイキャンプ 常設テント

 

満願ビレッジキャンプ場の紹介

満願ビレッジオートキャンプ場満願ビレッジオートキャンプ場はバンガローとキャンピングトレーラーが中心のコンパクトなキャンプ場で「ファミリーキャンプ」や「グループキャンプ」でよく利用されています。

全ての棟に屋根付きのデッキがあり椅子やテーブルが備え付けてあるので雨でも安心して利用する事ができます。

満願ビレッジキャンプ場

画像:満願ビレッジ

そんな満願ビレッジオートキャンプ場の一番の特徴は隣接している温泉施設に無料で入れる事です。

満願の湯

温泉施設が併設されているキャンプ場は他でもありますが無料で入れる場所は埼玉県内では満願ビレッジだけなので温泉に入ってのんびりキャンプがしたい方はオススメです。

編集長
編集長

キャンプ場を360度見渡せるストリートビューがあります。

場内だけでなく施設内も見れるのでチェックして雰囲気を確認しましょう。

ストリートビューはコチラ

 

施設紹介

満願ビレッジオートキャンプ場の施設を紹介します。

 

01.トレーラーハウス

トレーラーハウス

トレーラーハウスは3種類(7棟)あり最大6名まで利用できる広さです。

トレーラーハウス
  1. アメリカンデラックス(一番広い)
  2. アメリカンスタンダードA(ペットと泊まれる)
  3. アメリカンスタンダードB(4名用)

トレーラーハウスはキャンプとは思えないほど設備が充実しているので食材・食器だけ持参すればキャンプを楽しむ事ができます。

トレーラーハウス内

画像:満願ビレッジ

トレーラーハウスの設備
  • 冷暖房
  • トレイ
  • 冷蔵庫
  • BBQ台、網、トング
  • 木製テーブル、木製チェア(外のデッキ)
  • 毛布、シーツ、枕
  • ベッド
  • コンセント
  • 電気ケトル
  • ドライヤー

 

全てのトレーラーハウスの外には屋根付きのデッキや備え付けのテーブル・椅子、BBQコンロなどが置かれているので天気に関係なくバーベキューなどを楽しむ事が出来ます。

屋根付きバーベキュー

画像:満願ビレッジ

編集長
編集長

またペットOKのトレーラーハウス「アメリカンスタンダードA」があるのでペットと一緒にキャンプを楽しむ事が出来ますよ。

 

02.コテージ

コテージ

ウッド調でオシャレなコテージが6種類(10棟)あり最大6名まで利用できる広さです。

コテージ
  1. ウッドクライン(オシャレな外観)
  2. スーパーウッドデラックス(一番広い)
  3. ウッドクラインwithPET (ペットと泊まれる)
  4. ウッドデラックス(デッキが広い)
  5. ウッドグランデ(外観が緑で可愛い)
  6. ウッドスタンダード(一番スタンダード)

子供に喜ばれる2段ベッド付きのコテージや、ペット一緒にキャンプが出来るコテージ「ウッドクラインwithPET」など6種類あるので自分好みのコテージを選ぶ事が出来ます。

編集長
編集長

下の写真が「ウッドクラインwithPET」です。

コテージ

またベッドも備え付けであるので旅館やホテルに宿泊する時と同じ感覚で寝れるのは嬉しいポイントです。

満願ビレッジベッド

画像:満願ビレッジ

編集長
編集長

コテージもトレーラーハウス同様の設備が備え付けてあり、外には屋根付きのデッキもあるので天候を気にせずバーベキューを楽しむ事が出来ますよ。

 

03.テントサイト

テントサイト

満願ビレッジオートキャンプ場にはテントサイトが3区画あります。

通常のオートキャンプサイトと違い高台にあるウッドデッキサイトです。

区画内は「テントスペース」と「デッキスペース」に分かれており広さはそれぞれ違います。

テントサイト
  1. サイト1(55.45平方メートル)
  2. サイト2(72.49平方メートル)
  3. サイト3(46.72平方メートル)

テントスペース(砂利)にテントを張り、デッキでくつろぐ使い方です。

テントサイト

デッキ部分にはハンモックを吊す事ができます。

ハンモック
編集長
編集長

ハンモックは¥1,100(税込み)でレンタルする事が出来るのでぜひ!

気持ちがいいですよ。

一番広いサイトは「サイト2」ですが、「サイト3」は一番上にあり人通りがないので砂利スペースの後ろも使えます。

テントサイト3

坂道を登るのが大変ですが広く使いたい方は「サイト3」がおすすめです。

テントサイトは¥1,100(税込み)でAC電源を利用する事ができます。

電源を使いたい方は予約時に申請すると鍵をもらえるので15Aまで利用する事が可能です。

 

注意点

テントサイトを利用する上での注意点は4つあります。

  1. 坂道の移動が大変
  2. 車は下へ停める
  3. 大型テントはギリギリ
  4. ソロの場合は2名分の料金がかかる

テントサイトは高台にあります。トイレや炊事場、管理棟へ行くには坂道があるので移動が大変です。

テントサイト

また車で入る事は出来ますが荷物を下ろしたら駐車場へ移動しなければなりません。

駐車場

忘れ物をすると坂道が大変なので気をつけましょう。

編集長
編集長

坂道は写真で見るより急です。

トイレや炊事場、お風呂などの移動で10往復はしましたが正直辛かったです。

そして、1番の注意点は大型テントはギリギリの広さです。

カマボコテントを設営しましたが少し窮屈でした。

テントの広さ

どのサイトを利用するかにもよりますが、利用する場合はテントの大きさに注意しましょう。

 

04.水まわり

キャンプ場の水回り(炊事場、トレイ、温泉)を紹介します。

キャンプ場全体がキレイなので女性でも安心して利用できると思います。

炊事場

炊事場

炊事場はテントサイトの近くにあり、お湯も出るので寒い時期でも安心して利用できます。

スポンジや洗剤も完備されていました。

お湯も出る スポンジ完備

調理が出来る炊事場ではないですが洗い物などには十分利用できる設備です。

編集長
編集長

炊事場はテントエリアの方が主に利用する場所です。

トレーラーハウスやコテージを利用の方はシンクが備え付けてあるので炊事場は使わないと思います。

 

管理棟の横にも焚き火台を洗う炊事場があります。

焚き火で利用した灰は管理棟まで持っていく必要があるので、灰を持っていった後に焚き火台を洗う事ができます。

炊事場
編集長
編集長

シャワーが付いているので洗いやすいですよ。

 

トイレ

トイレ

トイレも炊事場と同じ場所に2箇所(テントサイト付近と管理棟付近)ありました。

見た目は簡易的ですがウォシュレット付きでとてもキレイなので安心出来ると思います。

トイレ
編集長
編集長

キレイですが狭いです。大人には少し手狭なので我慢しましょう。

トイレを利用する人はテントサイトの方だけなので待つ事はほとんどないと思います。

管理棟横にもトイレがありますがここはあまり使わないと思います。

管理棟トイレ

コテージやトレーラーハウスは室内にウォシュレット付きのトイレが備え付けられているので外のトイレを使う事はないと思います。

 

温泉

満願の湯

キャンプ場で宿泊した方全員に温泉施設「満願の湯」の無料券がもらえます。

温泉無料券

歩いて3分の場所にあるので営業時間内であれば自由に入浴が可能です。

温泉施設内には地元の野菜なども販売されているので食材や調味料などを買う事もできます。

野菜販売
編集長
編集長

コテージやトレーラーハウス内にシャワーがあるので利用する事も出来ますが少し狭いのでのんびり温泉に入る事をおすすめします。

露天風呂もあるので気持ちがいいですよ。

温泉の営業時間:10時〜21時

20時30分以降は入館できないので注意しましょう。

 

05.ドッグラン

ドッグラン

敷地は広くはないですがドッグランも施設内にあります。

走り回れる場所があるのはペットにとっては嬉しいと思うのでペットと一緒にキャンプをする方はぜひ利用してみてください。

ドッグラン

06.デイキャンプ

デイキャンプ

画像:満願ビレッジ

デイキャンプはBBQガーデン(屋根、テーブル、ベンチ付き)で利用する事ができます。

時間は12:00〜17:00の間の4時間だけ利用する事が可能です。

温泉とバーベキューをセットで楽しみたい方はデイキャンプもおすすめです。

編集長
編集長

トレーラーやコテージでデイキャンプをしたい方は空いていれば利用可能みたいですが少し高いかもしれません。

 

07.ゴミ捨てに関して

ゴミ捨て

ゴミは管理棟横のゴミ捨て場に捨てて帰る事ができます

分別方法はチェックインの時に説明があるので燃えるゴミ、不燃ゴミに分けて捨てましょう。

編集長
編集長

ゴミ袋はスーパーの袋で大丈夫でした。

無料で捨てて帰れるのは助かりますね。

また、炭や灰はバケツを渡されるので水を入れた状態でバケツに入れて返却します。

灰捨て場

 

07.レンタル品

調理器具のレンタル品が充実しているので「コテージ」や「キャンピングトレーラー」に宿泊する方は食材だけ持参すれば手ぶらキャンプで利用する事ができます。

テントのレンタルはないので、テントやタープなどをレンタルしたい方はキャンプ場で受取れるhinataレンタルなどを活用して道具を揃えてもいいかもしれません。

hinataレンタル

 

08.売店

売店

受付に備品や食器、調味料やワインなどが販売されています。

売店

薪は外にある薪割り器を借りる事も出来るので購入したら薪割りにチャレンジしてみましょう。

薪割り
食材は販売していませんが4日前までに予約をすればバーベキュー食材セットやモーニングセットを利用できます。

自分たちで買ってきた方が安いですが手間な方は予約してもいいかもしれません。

 

以上が満願ビレッジオートキャンプ場の紹介です。

 

注意点

利用する上での注意点を紹介します。

  • テントサイトは坂道なので移動が大変
  • 子供が遊ぶ場所はない
  • テントエリアは車が停められない
  • ソロの場合は2名分の料金がかかる
  • 大型テントは入らない
  • デイキャンプは料金が高い
  • チェックインは15時(テント、トレーラー)
  • 冬は暖房費がかかる(テント、トレーラー)
  • 隣の介護施設からラジオ体操が流れる

チェックインの時間がコテージとトレーラーに宿泊する場合は15時〜、テントサイトは14時〜です。

はやくチェックインをしたい場合は別途料金がかかりますが「アーリーチェックイン」が出来るので申請しましょう。

 

利用して一番驚いたのが隣にある介護施設からラジオ体操が爆音で流れる事です。

不快には思いませんが少しびっくりすると思います。

 

施設概要

満願ビレッジキャンプ場の概要をまとめます。

住所 〒369-1625

埼玉県秩父郡皆野町下日野沢3902-1

電話番号 0494-62-4726
営業期間 通年営業
利用料金 トレーラーハウス:13,310円〜

コテージ:11,880円〜

 

テントサイト

施設利用料 2,200円〜

大人 2,200/人

小人 ¥550/人

サイトの広さ サイト1=55.45 m2

サイト2=72.49 m2

サイト3=46.72 m2

予約方法 Web、電話
営業時間 9:00 ~ 17:00
レンタル 鍋、鉄板などの調理器具や、電子レンジ、炊飯器などの家電など

hinataレンタルを利用してキャンプ場でテントを受取る事ができます。

ホームページ 満願ビレッジキャンプ場

 

ある設備
  • お湯の出る炊事場
  • ウォシュレット付きトイレ
  • 売店
  • 隣に温泉施設
  • ペットOK
  • 花火OK(場所指定あり)
  • レンタル品
  • ごみ捨て場
  • 自動販売機
  • ドッグラン
  • Wi-Fi
  • 電源サイト
ない設備
  • シャワー

 

編集長より一言

満願ビレッジコテージ

満願ビレッジキャンプ場は施設内がしっかり整備されているので贅沢な過ごし方を出来るキャンプ場です。

はじめてキャンプをやる方や小さい子供がいる方などはゆっくりキャンプを体験できるのでオススメです。

宿泊料金は少し高いかな?と思っていましたが温泉に無料で入れる事を考えるとお得かもしれません。

キャンプで温泉に入れるのは本当に素晴らしいです。

遊んだ後にリフレッシュ出来るので温泉とキャンプが好きな方にはおすすめですよ。